社会人2年目のゆとり代表ブログ

ほとんど旅してます。

BTSにパラサイト…韓国エンタメ躍進の秘密

昨年末いとこに布教されて以来、BTSにのめり込んでいるゆとり代表です。

 

思えば、私は母の影響で小さい頃から数々の韓国ドラマを観て育ってきました。

そして今になってまた韓国エンタメブームが再燃しているのは私だけではないはずです。

 

そこで、今回は韓国エンタメの躍進の秘密について考えていきます。

 

 

①韓国エンタメのグローバル化

 

それにしても最近の韓国エンタメの躍進は凄まじいですね。

 

例えば記憶に新しい『パラサイト 半地下の家族』は、アカデミー賞で英語以外の作品として初めて作品賞を受賞しました。

 

私も大好きなBTSは、ポップスの本場アメリカのビルボード・ミュージック・アワードのトップソーシャルアーティスト賞を2017年から2年連続で受賞しており(なんと1D以来だとか!)、2020年グラミー賞のステージにも登場しました。

また、Ed SheeranやHalseyといった世界的なアーティストとも次々とコラボしています。

 

そして私は最近次々に韓国ドラマ『梨泰院クラス』『バガボンド』にハマり廃人化していますが、これらの作品に共通しているのは、どちらもアメリカ最大手の動画配信サービス企業Netflixのオリジナルコンテンツという点です。

 

もはや韓国エンタメは、韓国だけアジアだけでなく世界中で旋風を巻き起こしていることがよくわかります。

 

 

②時代を反映したコンテンツとプロモーション

 

一昔前までは韓国エンタメと言えば、ラブソングやラブコメが主流でした。

 

しかし先ほど挙げた作品のように、最近の韓国エンタメのコンテンツは以前よりもかなり多様化しています。

 

もはやラブソングやラブコメだけではありません。

貧困や格差社会といった社会情勢を反映した作品が次々とヒットしています。

 

またSNSを活用したプロモーションにも長けています。

特にBTSは、広告だけに頼るのでなくYoutubeやTwitter、Instagram等のインターネットでアーティストの素に近い写真や映像を使って発信することで、世界中のファンとの距離を一気に縮めています。

また常にファンへの感謝を惜しみません。

 

 

どんどん進化していく韓国エンタメ界。

これからも韓国エンタメの躍進には目が離せません!