ゆとり代表ブログ

ほとんど旅してます。今は絶賛プロニート。

【読書レビュー】『傲慢と善良』辻村深月

傲慢と善良』辻村深月

 



普段ぼんやりと感じていることが見事に言語化されているのが痛快で、とても面白かったです。

 

読んでいるうちに自分と重なり、グサグサと胸に刺さります。




タイトルが『傲慢と善良』なのも絶妙だなと思いました。

 

テーマである婚活が、人間は傲慢でもあり善良でもあるということを浮き彫りにしています。



特に私がそう感じたのは、主人公真美の母親に対してです。

 

彼女の小さい世界でしか物事を判断できないのに価値観を押し付けてくるところは側から見れば傲慢だけれど、彼女自身は真美のことを思って良かれと思ってしているので善良でもあるというところ。



私も知らないうちに傲慢になっているのではないかと少し怖くなりました。